忍者ブログ
日々のスペシャルな出来事を書くブログ
Admin / Write / Res
[113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)で制定する「第53回ブルーリボン賞授賞式」が15日、東京・銀座ブロッサムで行われた。前年受賞者で司会を務めた落語家・笑福亭鶴瓶(59)と綾瀬はるか(25)は“ドタバタコンビ”で会場を盛り上げた。
  ◇  ◇
 「綾瀬さんが心配で心配で…昨日は眠れませんでした」‐。映画「ハッピーフライト」(’08)で綾瀬の先輩役を演じた寺島の“不安”が的中した。“天然ボケ”キャラで知られる綾瀬の初司会は、冒頭から絶好調だった。
 主演男優賞の妻夫木の紹介をするため、台本を一生懸命読んでいた綾瀬だが、その間に妻夫木は「出ていいですか?僕」とチャッチャッとステージに登壇。綾瀬はすでに妻夫木がステージ上にいるにもかかわらず、「それでは、妻夫木さん、壇上へどうぞ」とにこやかに紹介。会場は爆笑の渦となった。
 事務所の先輩でもある妻夫木に「ぐだぐだじゃないですかぁ」と突っ込まれ、続く生田斗真の紹介の際にも「はい、ステージへ!」と同じようにタイミングを逃したほか、「配給(はいきゅう)元」を「げんきゅう元」と言い間違えるなどマイペースな司会ぶりが全開。
 この事態を予測していた寺島は、「(私の名前を)1回目は『てらじま』って言えたんですけど、2回目は『てらしま』でした」と指摘し、大爆笑。「みなさんにご迷惑をおかけしまして」と顔を赤らめっぱなしの綾瀬は、終盤、「ナカジマ監督お願いします」と言った鶴瓶に「(中島哲也監督は)『なかしま』なんですね」とのんびりとつっこみ、なんとか一矢報いていた。

<デイリースポーツより>

綾瀬さんの天然ぶり、可愛いですね。
共演した方が心配するぐらい天然なんですね。
でも心配されるってことは可愛がられてのでしょう。
とても楽しい司会で、かえって良かったのかも知れません。
いつまでもそのままでいてください。
そしてますますの活躍を。
PR
♥ ブログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ プロフィール ♥
HN:
スペシャル
性別:
非公開
♥ バーコード ♥
♥ フリーエリア ♥

Copyright (c)スペシャルな1日ブログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]