忍者ブログ
日々のスペシャルな出来事を書くブログ
Admin / Write / Res
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 歌手で俳優の福山雅治が10日午後1時、メインパーソナリティーを務めた東日本大震災被災地復興支援特番『I’m with U キミと、24時間ラジオ』(ニッポン放送)を“完走”した。番組には、福山の思いに賛同した和田アキ子、ポルノグラフィティ、武田鉄矢、三浦春馬、佐藤健、上野樹里、亀梨和也、前田敦子(AKB48)ら計71人がゲスト出演。東京・有楽町の同局1Fで受け付けていた募金には、約2万人が訪れた。

 福山が発案し、わずか3週間で放送にこぎつけたラジオ・チャリティ・ミュージックソンSPは、9日午後1時からスタート。本来、宮城公演を行うはずだった9~10日にかけて被災地へ24時間エールを送り続け、リスナーに義援金を募った。

 番組中には、同公演に参加予定だった被災地のファンとも直接電話で会話。被害の大きさから振替公演のメドは立っていないが「いつか必ず宮城でライブをやります。決まったらすぐにお知らせしますので、それまでちょっとの間、待っていてください」と約束すると、ツアーメンバーとともに「HELLO」「明日のSHOW」など7曲を生歌で披露し、リスナーを勇気づけた。

 番組の最後には「この歌が今どんなふうに響くのかわかりませんが歌います」と話し、アコースティックギター1本で「桜坂」を生熱唱。「24時間、僕らなりに頑張ってきましたが、被災地の皆さんの生の声を聞くと、もっともっと頑張らなきゃいけない。僕らはできることを、きょうからまたやっていきます」と力強く締めくくった。

 24時間完走後、同局前に集結したファン約3000人の前に姿を見せた福山は、拡声器を使ってあいさつ。感謝とさらなる被災地支援協力を呼びかけていた。

<オリコンより>

24時間お疲れ様です。
ラジオから、そして肉声からの呼びかけ素晴らしい。
みなさん何かをしようと頑張っています。
何が一番届くかを考えています。
自分もちょっとしたことをしようと思います。
節電とか募金とか。
PR
 NEWSと関ジャニ∞のメンバー、錦戸亮(26)が4月スタートのテレビ朝日系「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」(金曜後11・15)に主演することが21日、分かった。連ドラ初主演で父親役に初挑戦する。

 7歳と9歳の子供2人を抱えた崩壊寸前の家族が、1匹の子犬を拾ったことで再生していくオリジナルストーリー。錦戸は、社員にリストラを言い渡す人事担当の30歳のサラリーマンだが自らリストラされてしまうという本郷勇次を演じる。

 初の父親役に「そんな歳になったんやなぁ」と感慨深げ。自分の父親には、今の錦戸の年に3人子供がいたといい「子供がたくさんいる環境は父と重なる。より頑張ろうと思います」と誓った。

 妻役は水川あさみ(27)。子犬はメスのポメラニアンで、オーディションで90頭の中から決定した。ドラマの舞台が東京スカイツリーが見える下町のため、劇中では「スカイツリー」と名付けられる。テレ朝は「時にコミカルで時に泣けるホームドラマを届けたい」と話している。

<サンケイスポーツより>

錦戸さん、連ドラに初主演なんですね。
ドラマにはいろいろと出演していて、重要な役どころをしていたから、
主演は初めてというのはビックリです。
それもお父さん役ですか。
演技の上手な人だから楽しみです。
奥さん役は水川さんですね。
共演したことがあるから、きっと良い夫婦役になるでしょう。

 東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)で制定する「第53回ブルーリボン賞授賞式」が15日、東京・銀座ブロッサムで行われた。前年受賞者で司会を務めた落語家・笑福亭鶴瓶(59)と綾瀬はるか(25)は“ドタバタコンビ”で会場を盛り上げた。
  ◇  ◇
 「綾瀬さんが心配で心配で…昨日は眠れませんでした」‐。映画「ハッピーフライト」(’08)で綾瀬の先輩役を演じた寺島の“不安”が的中した。“天然ボケ”キャラで知られる綾瀬の初司会は、冒頭から絶好調だった。
 主演男優賞の妻夫木の紹介をするため、台本を一生懸命読んでいた綾瀬だが、その間に妻夫木は「出ていいですか?僕」とチャッチャッとステージに登壇。綾瀬はすでに妻夫木がステージ上にいるにもかかわらず、「それでは、妻夫木さん、壇上へどうぞ」とにこやかに紹介。会場は爆笑の渦となった。
 事務所の先輩でもある妻夫木に「ぐだぐだじゃないですかぁ」と突っ込まれ、続く生田斗真の紹介の際にも「はい、ステージへ!」と同じようにタイミングを逃したほか、「配給(はいきゅう)元」を「げんきゅう元」と言い間違えるなどマイペースな司会ぶりが全開。
 この事態を予測していた寺島は、「(私の名前を)1回目は『てらじま』って言えたんですけど、2回目は『てらしま』でした」と指摘し、大爆笑。「みなさんにご迷惑をおかけしまして」と顔を赤らめっぱなしの綾瀬は、終盤、「ナカジマ監督お願いします」と言った鶴瓶に「(中島哲也監督は)『なかしま』なんですね」とのんびりとつっこみ、なんとか一矢報いていた。

<デイリースポーツより>

綾瀬さんの天然ぶり、可愛いですね。
共演した方が心配するぐらい天然なんですね。
でも心配されるってことは可愛がられてのでしょう。
とても楽しい司会で、かえって良かったのかも知れません。
いつまでもそのままでいてください。
そしてますますの活躍を。
 自宅に白骨化した遺体を放置したとして、埼玉県警東入間署は28日、同県ふじみ野市南台1の無職、田中和夫容疑者(47)を死体遺棄の疑いで逮捕した。同署によると、田中容疑者は「遺体は母親で07年9月13日に亡くなった。離れたくなかった」と供述しているという。

 同署によると、田中容疑者の姉(55)が27日午後1時ごろ、実家を訪れたが鍵がかかっていて中に入れなかった。近所の人から連絡を受けた署員が同日午後3時15分ごろ、性別不明の遺体を見つけた。6畳間の簡易ベッドの上にビニールシートに覆われた状態だったという。同署は、生きていれば85歳になり、田中容疑者と同居していた母親とみて死因を調べる。発見時、田中容疑者は屋内にいた。

 同署によると、昨年11月、ふじみ野市から連絡が取れない高齢者がいるとの情報があり、署員が度々、田中容疑者の自宅を訪れたが接触できなかった。田中容疑者は家賃収入などで生活していたとみられるという。市によると、母親には年金が振り込まれていたという。

<毎日新聞より>

この事件、真相はどこに。
母親の年金が目当て?
母親といたかった?
うーん、どうなんだろう。
真実は本人の中だよね。
本当のことを話して欲しいよね。
 契約解除騒動に揺れる韓国の女性5人組グループ「KARA」が、一両日中にも所属事務所と和解する見込みであることが21日、分かった。関係者の話を総合すると、仲裁者が事務所やメンバーの両親と話し合い、分裂回避に向け、最終調整段階にあるという。

 この日、ニコルら離脱派3人の代理人がソウル市内で会見。「メンバー全員が5人のKARAで活動することを望んでいる」と、3人が“元サヤ”を希望していることを明らかに。「メンバー同士は不仲ではない。新しい担当者との信頼関係が築けなかった。問題が解決すれば戻りたい」と代弁している。所属事務所関係者も「復帰の意思さえ明らかにしたら、条件を受け入れる」と話し、問題は一気に解決しそうだ。

 KARAは22日に予定していた来日を急きょキャンセル。都内のスタジオでテレビ東京系ドラマ「URAKARA」(金曜・深夜0時12分)の収録を行う予定だったが、19日の騒動ぼっ発後、メンバー5人が一度もそろってないことなどを踏まえ、所属事務所が延期した。番組は14日にスタート、第3話(28日放映)まで収録を終えている。同局は「予定通り来日すると聞いています」と話すにとどめたが、騒動が長引くことになれば打ち切りもあり得るだけに今後の動向を注視している。

<スポーツ報知より>

KARA、好きです。
分裂して欲しくないです。
5人でKARAなんだから。
待遇はちゃんと考えないとね。
KARAがいて事務所がもうかるのでしょ。
スターは大事にしなきゃ。
♥ ブログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
♥ プロフィール ♥
HN:
スペシャル
性別:
非公開
♥ バーコード ♥
♥ フリーエリア ♥

Copyright (c)スペシャルな1日ブログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]