忍者ブログ
日々のスペシャルな出来事を書くブログ
Admin / Write / Res
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


6月10日17時14分配信 毎日新聞

世界的に長期金利が急上昇している。東京債券市場でも8日、代表的な指標である新発10年物国債の利回りは一時1.92%と約10カ月ぶりの高水準となった。日銀の利上げが早まるとの観測も強まり、企業活動や個人の暮らしにもじわりと影響を及ぼしつつある。金利上昇は、預貯金などの金利収入増がプラスに働く半面、住宅ローンや企業向け貸し出しの金利引き上げが負担増となってマイナスに働く。景気拡大をけん引してきた企業活動にブレーキをかける可能性もあり、利上げをうかがう日銀にとって、金融政策は慎重なかじ取りが求められそうだ。【山本明彦、松尾良】
 市場金利の上昇を受け、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は11日から、定期預金の金利を引き上げる。預け入れ期間によっては9年ぶりの高水準だが、利用者が多い300万円未満の金利は0.25~0.75%にとどまる。低金利状態に変わりはなく、恩恵は「広く薄く」となりそうだ。
 超低金利下で、投資信託などの金融商品の人気が高まっているが、「金利上昇で、円高などの為替リスクが高まる」(エコノミスト)との見方もある。外貨建て投資信託などで運用している人は、為替相場への目配りも必要だ。
 住宅ローンは、既に借りている人、新規に借り入れる人の両方に影響がある。市場金利の状況に応じて半年に1回金利が見直される「変動型」は、主に短期金利の動向に左右される。既にローンを借りている利用者は、返済総額が増えることになる。
 契約から完済まで金利が変わらない「固定型」で既に借りている人は今のところ影響はない。ただ、新規の利用者はこれまでより高い金利が適用されそうだ。長期金利の影響を最も受ける固定型の代表格である住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の「フラット35」の金利は、6月まで2カ月連続で上昇。長期金利の高止まりが続けば今後も引き上げが予想されるため、新規利用者は借りるタイミングに頭を悩ましそうだ。
 一方、企業向けの貸出金利はじわり上昇。日銀によると、国内銀行の平均約定金利は4月に1.734%と、1年間で3割近く上昇した。「大企業は資金が潤沢で借り入れ需要が少ない」(明治安田生命の大広泰三エコノミスト)ため、影響は限定的だ。
 だが、中小企業の負担は増しそうだ。東京商工会議所が昨年12月に都内の中小企業を調査(回答839社)したところ、借り入れがある企業のうち約4割が金利引き上げの要請に応じ、約8割は「金利が上がれば業績に悪影響」と回答した。今年2月に日銀が利上げしたこともあり、中小企業の利払いはさらに増えている模様だ。
 第一生命経済研究所の試算では、長期金利が1%上昇すると、大企業の経常利益を1.6%、中小企業は4.0%も押し下げる可能性がある。同研究所の永浜利広主任エコノミストは「企業の業績悪化や株価下落、住宅ローンの金利上昇などの負担増が、預金金利上昇のメリットを打ち消す事態も想定される」と話している。

FXとは?

PR
5月24日13時19分配信 読売新聞


 かつら最大手のアデランスの定時株主総会が24日、都内で開かれ、アデランスが提案した新たな買収防衛策が、賛成多数で承認された。

 防衛策を巡っては、議決権ベースで26・67%の株式を保有する筆頭株主の米系投資ファンド、スティール・パートナーズ・ジャパンが反対を表明し、他の株主から否決委任状を集めていた。

 しかし、国内の金融機関や創業者などの安定株主などが賛成に回ったとみられ、議決権ベースで出席株主(議決権行使書や委任状の提出を含む)の過半数が賛成した。

 スティールは3月のサッポロホールディングスに続いて、株主総会での防衛策否決に失敗した。

オリコ オリヒメ

5月20日11時11分配信 ロイター


 [ポツダム 19日 ロイター] 金融安定化フォーラム(FSF)は19日、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の委託で作成したヘッジファンドに関する報告の中で、ヘッジファンド業界は、実務慣行の基準引き上げなどを求める呼び掛けにこたえるよう努力すべきとの見解を示した。
 報告は5項目の提言から成り、当地で開催された主要8カ国(G8)財務相会合に提出された。
 G8財務相会合の議長国ドイツのシュタインブリュック財務相が求めている「行動規範」について、報告ははっきりとは要求していない。報告は、ヘッジファンド業界が幅広い金融システムの安定に与え得るリスクを回避し、リスク管理を強化する余地があると指摘している。
 FSFは報告のなかで、監督当局に対し、銀行などの仲介機関が引き続きカウンターパーティーのリスク管理慣行を強化するよう指導するとともに、仲介機関が市場の潜在的な流動性の減退に対する抵抗力をさらに改善できるよう協力すべき????などと提言している。また、世界のヘッジファンド業界に対しては、既存の健全な実務慣行の基準を見直すとともに強化すべきだとしている。

イオンカード

5月9日20時2分配信 時事通信

 *日本郵船 <9101> の五十嵐誠常務は9日の決算発表で、「定期船は欧州を中心に運賃修復が進んている」と述べ、2008年3月期連結に定期船部門の経常損益が20億円の黒字(07年3月期は97億円の赤字)に転換する見通しを示した。また、自動車の輸送台数も「足元は10%増と好調で、計画の2・8%増は年を通すと上振れるのではないか」と上方修正を示唆した。 

 イオンカード ポイント
キッズデザイン
ホルツアメッシュ
5月8日8時1分配信 サンケイスポーツ


 V6の坂本昌行(35)が主演する舞台「ノー・マンズ・ランド」(演出・鈴木勝秀)の製作発表が7日、都内で行われた。

 アカデミー賞外国語映画賞などを受賞した同名映画(平成14年に日本公開)の舞台化。ボスニア紛争を題材に、ボスニアとセルビアの中間地帯で出会った敵同士の兵士たちの心情などを描く。

 ボスニア兵チキ役で主演する坂本は「目に見えない感情を、どう表現していけばいいかを大事に演じたい」。共演は浅野温子、内田滋、市川しんぺーら。東京都新宿区の東京グローブ座で6月1~19日、大阪・梅田芸術劇場で6月21~24日。


世界 トイレ 事情

♥ ブログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥ プロフィール ♥
HN:
スペシャル
性別:
非公開
♥ バーコード ♥
♥ フリーエリア ♥

Copyright (c)スペシャルな1日ブログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]