忍者ブログ
日々のスペシャルな出来事を書くブログ
Admin / Write / Res
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(26日、長野市ビッグハット)女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が合計202・34点で逆転し、6年ぶりの優勝を果たした。SP首位の浅田真央(20)=中京大=は合計193・69点で2位、SP3位の村上佳菜子(16)=愛知・中京大中京高=は、合計187・52点で3位だった。

 SPで3回転-3回転の連続ジャンプなどを回避、安全策をとって2位につけた安藤は、フリーでノーミスの演技を披露、6年ぶり3度目の頂点に輝いた。大会5連覇を狙う浅田は、フリーでもトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑み、無事に着氷。他のジャンプも見事に決めて暫定首位に立ったが、安藤に逆転を許した。

<サンケイスポーツより>

安藤選手おめでとう。
いつも応援しています。
浅田さんも復活して良かったです。
日本のスケートは層が厚いので楽しみです。
若い人も出てきているし。
男女とも頑張れって感じです。
PR
 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2010』の準決勝大会が12日、東京・両国国技館で開催され計24組が激突。カナリア、銀シャリ、ジャルジャル、スリムクラブ、ナイツ(3年連続)、ハライチ(2年連続)、ピース、笑い飯(9年連続)が決勝進出を決めた。初進出は5組で、これに決勝当日に行われる敗者復活組を加えた計9組で26日(日)に優勝が争われる。運命を大きく左右するといわれる“ネタ順”抽選会も同日行われ、トップバッターはカナリアに決まった。

 年齢、国籍、性別、プロ・アマ、所属事務所を問わずコンビ結成から10年以内なら誰でも出場可能なM-1は、毎年過去最高のエントリー数を更新し続け、今年は昨年より206組多い史上最多の4835組がエントリー。準決勝は10年目の今年初めて国技館で開催され、大相撲や格闘技興行などの多い同館で初のお笑いイベントとしても注目を集めていた。

 昨年初優勝したパンクブーブーや、前日に公開挙式したばかりのハチミツ二郎(東京ダイナマイト)は決勝進出を逃し、敗者復活戦に望みをつなげる。また、ナイツ(マセキ芸能社)、ハライチ(ワタナベエンターテインメント)以外の6組はすべてよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属芸人となった。

 準々決勝、準決勝の敗者の中から最後の1枠を争う敗者復活戦は、26日(日)に東京・大井競馬場で開催され、ABC・テレビ朝日系全国ネットで午後4時より生放送。決勝戦は、同日午後6時半より東京・六本木のテレビ朝日で開催される。

<オリコンより>

M-1、楽しみ。
以前はお笑いはあまり好きじゃなかったので、全然興味が無かった。
でも今は面白いなと思う。
好きな芸人さんもいるし。
新たな王者は??
テレビで見ちゃうと思う。

仙谷官房長官が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて14日に横浜市で行われた日韓首脳会談に同席した。

仙谷氏は、この日の会談で正式に合意した、日本政府が保管する朝鮮王朝ゆかりの「朝鮮王朝儀軌」などの引き渡し実現に尽力した経緯があり、「立役者」として立ち会った形だ。

会談で仙谷氏は発言しなかったとされるが、韓国の李明博(イミョンバク)大統領は仙谷氏の名を挙げて図書引き渡し実現に感謝したという。

首相官邸以外の場所で行われる首脳会談に、官房長官が出席するのは異例だ。明文化された規定はないものの、首相が官邸のある都内を離れる場合は、官房長官が留守番役として東京都内にとどまり、危機対応に備えるのが事実上の慣例となっている。

<読売新聞より>

最近政治がごたごたしていて大丈夫って思うよ。
仙石さんは影の・・・?
やり手何だかよく分からないけど。
でもストレスもあるよね、きっと。

ストレスって髪に悪いんだよね。
いざという時のアロエ525とかね。
【中村勘太郎&前田愛結婚】午後6時から3時間以上続いた披露宴で、勘太郎の父・勘三郎はうれしさから酒が進み、お開きの後に予定した会見には応じられない状態となってしまった。「8年間1人の人を愛し続けて、その愛を貫いた息子は凄いと思う。自分を信じて生きていけ!」と文書でコメントを発表した。

<スポーツニッポンニュースより>

テレビのニュースで見ましたが、とっても幸せそうでしたね。
勘三郎さんはベロベロの様子でした。
20日に俳優で劇作家の長塚圭史さん(34)と結婚した女優の常盤貴子さん(37)が23日、きもののコーディネートが魅力的な人に贈られる「きものコーディネイト大賞」(日本染織博覧会開催実行委員会)の表彰式に出席。常盤さんは結婚が明らかになってから初めて公の場に姿を現した。振り袖姿で登場した常盤さんが「こういう(結婚したての)タイミングでこういう賞をもらっておめでたいこと続きでとてもうれしい」とコメントすると、会場からは温かい拍手が贈られた。


同賞はきもの文化の復興のため伝統の染織を紹介する「きもの・和・日本橋 第一回日本染織文化博覧会」の催しとして今年、設けられ、常盤さんは女優の八千草薫さん(78)と「著名人の部」で受賞。公募で選ばれた一般男女計5人を選ぶ「一般の部」、染織の産地8個所が推薦する「産地推薦の部」、純国産絹きもの愛用者から主催者が選ぶ「純国産絹の部」の表彰も行われた。常盤さんは「戦後のアンティーク着物に現代の帯やアクセサリーを合わせるのが好き」と、袖の部分にレースの入った着物姿にご満悦の様子だった。

 常盤さんと長塚さんは03年の映画「ゲロッパ!」で共演し、数年前から交際していたという。長塚さんは俳優の長塚京三さん(64)の長男。常盤さんは、挙式の予定はないが、「着物が好きなので、そういう機会があればぜひ着物をきたい」と話し、「まだ4日目なので。(呼び名も)6年半付き合っているので何も変わってない。徐々に変わっていくんだと思う」と新婚生活を語っていた。八千草さんは「(夫は)一番の理解者。必ず後ろで守っててくださるので、自由にのびのびとお仕事したらいい」とアドバイスしていた

<毎日新聞ニュースより>

最近、ドラマで見ないなと思っていたら、舞台に夢中だったんですね。
幸せになってほしいですね。
♥ ブログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥ プロフィール ♥
HN:
スペシャル
性別:
非公開
♥ バーコード ♥
♥ フリーエリア ♥

Copyright (c)スペシャルな1日ブログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]