忍者ブログ
日々のスペシャルな出来事を書くブログ
Admin / Write / Res
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

髪の色を決める色素細胞のもとになる幹細胞は、2種類の遺伝子で守られていることを米ハーバード大医学部の西村栄美助手らが見つけた。この遺伝子が作るたんぱく質が白髪化を防いでいるらしい。この成果が予防薬などに応用できれば恩恵を受ける人は多い。24日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

動物や人間の毛髪は、毛根で色素細胞から色素を取り込んで黒、茶、金などの色がつく。 白髪はその色素が供給されなくなる現象で、老化やストレスなどが原因として知られるが、 供給が止まる仕組みは分かっていなかった。

西村助手らは、白髪に関係するとされる「Bcl2」遺伝子を持たないマウスを作って調べた。その結果、色素細胞のもとになる色素幹細胞が生後6~8日で「細胞死」という現象を起こして一斉に消えうせ、色素細胞を作れなくなった。誕生直後に生えていた黒い毛やひげも、生え変わるにつれて若白髪となった。また、「Mitf」という遺伝子にも同様の働きがあり、これらの遺伝子が作るたんぱく質が幹細胞を守っていると考えられるという。

人間の毛髪にも、マウスと似た幹細胞があり、老化で減ることも分かった。色素幹細胞を守る成分を特定できれば、白髪予防薬への応用が考えられるという。西村助手は「若白髪の原因究明だけにとどまらず、老化と幹細胞との関連が分かれば、老化全体の解明に役立つ可能性もある」と話している。

(毎日新聞)
白髪の原因について。できてしまった白髪は
白髪染め
で対応するのが一番。
これからどんどん研究が進むといいですね。

PR
荒川弘の読み切り「RAIDEN-18」が、12月18日発売の月刊サンデーGX2011年1月号(小学館)に登場する。本日11月19日発売の同誌12月号にて予告が掲載された。
「RAIDEN-18」は過去2回にわたりGXに掲載されている荒川のシリーズ読み切りで、最新話が発表されるのは2006年1月号以来の約5年ぶり。マッドサイエンティストの博士と、死体をつなぎ合わせて作った人造人間「雷電18号」によるコメディだ。最新話ではネット販売されていた「偽雷電」を追い、海外へと出向く2人の活躍が描かれる。
なおGXは本日発売の12月号から2号連続で、小野寺浩二による読み切り「ボクと八頭ヒュドラ先生のデス日記」を掲載。GX新人賞出身の新人・倉田三ノ路による短期集中連載「書生葛木信二郎の日常」も今号よりスタートした。

(コミックナタリー)
ハガレンで有名な荒川弘先生の読みきりがサンデーGXに掲載されるそうです。
荒川先生はスクウェア・エニックス以外でも描いてたのね。
なかなかおもしろそうな漫画なので読んでみたいです。
仙谷官房長官が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて14日に横浜市で行われた日韓首脳会談に同席した。

仙谷氏は、この日の会談で正式に合意した、日本政府が保管する朝鮮王朝ゆかりの「朝鮮王朝儀軌」などの引き渡し実現に尽力した経緯があり、「立役者」として立ち会った形だ。

会談で仙谷氏は発言しなかったとされるが、韓国の李明博(イミョンバク)大統領は仙谷氏の名を挙げて図書引き渡し実現に感謝したという。

首相官邸以外の場所で行われる首脳会談に、官房長官が出席するのは異例だ。明文化された規定はないものの、首相が官邸のある都内を離れる場合は、官房長官が留守番役として東京都内にとどまり、危機対応に備えるのが事実上の慣例となっている。

<読売新聞より>

最近政治がごたごたしていて大丈夫って思うよ。
仙石さんは影の・・・?
やり手何だかよく分からないけど。
でもストレスもあるよね、きっと。

ストレスって髪に悪いんだよね。
いざという時のアロエ525とかね。
あなたは自分がオタクだと思いますか? 10〜30代の女性に聞いたところ、29.1%が「オタクである(完全に+どちらかといえば)」と回答していることが、バルクの調査で分かった。年代別に見てみると、10代で「完全にオタクである」(19.5%)と答えたのは2割近くに達したが、30代後半では1.9%にとどまった。
「オタクである」と答えた人に、何オタクかを聞いたところ「マンガ」(64.4%)と答えた人がトップ。次いで「アニメ」(57.5%)、「ゲーム」(33.0%)という結果に。

(ピクシブニュースより)
なかなかおもしろいアンケート。
やはり若い人に多いのかな?漫画やアニメがすきなのは何も悪いことじゃないよ。
オタクかどうかって、人によって基準が違うよね。
誰だってエルセーヌに行ってエステを楽しみたいと思う。
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは30日、男女フリー(FS)を行い、織田信成(23)=関大=は合計236.52点で2位に終わった。優勝は239.52点を出した地元カナダのパトリック・チャン。南里康晴(25)=福岡ク=は合計188.96点で9位だった。女子では今大会がシニアGPデビュー戦となった今井遥(17)=東京・日本橋女学館高=が合計154.54点で5位。村主章枝(29)=陽進堂=は9位だった。

織田は前日のショートプログラム(SP)で首位に立ったが、この日のFSは155.15点で3位。SP4位のチャンが166.32点を叩き出して逆転優勝し、織田は自身の持つ日本男子最多記録更新となるGP6勝目はならず。SP8位の南里は順位を1つ下げた。

女子では、SP6位の今井がFSで102.02点を獲得して3位と大健闘。8位発進の村主は84.67点でFS10位。合計132.84点で9位に沈んだ。

<サンケイスポーツより>

いよいよフィギュアスケートの季節です。
そうそう織田選手にはお子さんが生まれたのですよね。
お父さんになったので成長したかな。
とりあえず2位おめでとうです。

スケートリンクは時に幻想的な雰囲気を見せます。
キャンドルで飾ると素敵でしょうね。
ムニオキャンデラとか似合いそう。

♥ ブログ内検索 ♥
♥ カレンダー ♥
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
♥ プロフィール ♥
HN:
スペシャル
性別:
非公開
♥ バーコード ♥
♥ フリーエリア ♥

Copyright (c)スペシャルな1日ブログ All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]